【池袋】泊まれる本屋で最高のリラックスを『BOOK AND BED TOKYO』

2019 10/30
【池袋】泊まれる本屋で最高のリラックスを『BOOK AND BED TOKYO』

何もかも忘れてゆるりと本に没頭したい。

鳥沢(@t_chilltomo)です。

個人的な話ですが住む場所も職種も変わったばかり
なので環境に慣れずになかなか気持ちをOFFにできなく

ちょっとした悩みの1つでした。

そんな時に気持ちをOFFにしてゆるりとチルアウトできたスポットを今回ご紹介します。

目次

泊まれる本屋『BOOK AND BED TOKYO 池袋』

今回ご紹介するのは泊まれる本屋『Book lab tokyo ikebukuro』

HPをみてみると本棚の中にベッドがあったり家具もヴィンテージ感があり視覚的に写真が映えるし落ち着きそうな印象。

そんなスポットなのでおしゃれな外見なのかと思いきや雑居ビルの中

に入っているので少しわかりづらいかもしれません。

受付を済ませ中に入ってみると、木のぬくもりを感じられるお洒落なスペースとなっておりました。

画像

どこを撮っても映えます。

画像

壁際にあるソファもふかふかで気持ちよく、ゴロゴロしながら本を読むことができました。そのまま寝ちゃったりもできます。

本の種類は小説や雑誌、洋書や写真集など幅広いです。
少しではありますが漫画もあり、本を読む習慣がない方でも楽しめると思います。

ちなみに私が選んだ本はこちら

画像
画像

泊まる上で気になるシャワー室も清潔

泊まる上で気になるポイントはシャワー室。

どんなものかとみてみたらとても綺麗で清潔感がありました。

画像
画像

もちろんシャンプー、コンディショナー、ボディソープも完備。洗顔が必要なら持って行った方が良いです。

潔癖症などではなかったら気にならないと思います。

そもそもちゃんと寝れるの?

そもそも寝れるのかという心配もありましたが私はしっかり寝れました。

画像

ベッドスペースも木のぬくもりを感じさせる落ち着く空間になっております。

防音面ではさすがに周囲の雑音は聞こえます。
しかし、受付で無料で耳栓をもらいましたので最低限の防音は確保されています。

充分に寝れますがしっかり休養を取りたいという方にはもっと良いところがあると思いますので、
泊まれる本屋を楽しみたいのならば次の日に何もない土曜日などに行くことをおすすめします。

本を読んでるうちにウトウトしながらそのままソファーで寝るなんてこともできますし、
それがここのコンセプトでもあるので。

普通のカプセルホテルよりおすすめ!

全体的に満足でした。

非日常を味わいながらもゆるりと癒しを求めたいという方にはぴったりかもしれません。1人でも楽しめますしカップルで行っても楽しめます!

BOOK AND BED TOKYO

住所:東京都豊島区西池袋1丁目17−7 ルミエールビル 7階

HP: http://bookandbedtokyo.com/tokyo/

twitter: @BOOKANDBEDTOKYO (利用状況はこちらでチェック!)

関連記事

コメント

コメントする

目次