漫画で分かるキャンプの教科書〜「ふたりソロキャンプ 」が面白い〜

2019 11/07

キャンプ始めようと思った時、情報が多すぎてわかんなかったなぁ。

こんにちは。鳥沢 (@t_chilltomo)です。

わたしがキャンプをはじめようと思ったのは一昨年の夏。たまたまみたyoutubeのキャンプ動画をみてなんて楽しそうなんだと思い勢いでキャンプ道具を買ってしまいました。

それ以来ちょくちょく行っているのですが(最近は暇がなく泊まらないディキャンプに留めてますが)、いざキャンプ道具を購入しようと思った時にwebサイトやらyoutubeやら情報が多すぎてなかなか決めきれないですし、必要な知識もいろんなものを読んで勉強しました。(まぁそれも楽しいんですけど)

そんな私が最近読んで、あぁこれ始める前に読んでればなぁと思った漫画をご紹介します。

それが「ふたりソロキャンプ 」です。

目次

あらすじ

-「ふたりソロキャンプ」あらすじ-
オレは樹乃倉厳。34歳。趣味はキャンプ。独りで野営する生粋のソロキャンパー。車はいらない。電車を乗り継ぎ、最後はバスで山に入る。自然を愛してる、火を木を水を土を。それと同等に孤独な自分の生き方を愛している―――。…な俺が! ひょんなことから草野雫20歳という小娘に出会い、ふたりでソロキャンプをするはめに!

amazon

主人公はキャンプの師匠。キャンプのハウツーを面白く学ぶ。

主人公は厳さんという1人をこよなく愛する生粋のソロキャンパーです。そんな厳さんが完全初心者の雫ちゃんと出会いキャンプのハウツーを教えながら2人でソロキャンプをするお話なのですが、厳さんの雫ちゃんへの指導が初心者の読者の方が読んでも本当に参考になると思います。

例えば一番悩むのがテントの選び方。初めてキャンプをするときは何を選べばいいか分からないと思いますが厳さんはどうやってキャンプにいくのか等条件を整理しながら用途にあうテントを解説してくれます。

漫画の中に登場するキャンプ道具は架空のものやメーカーをもじったものでもなく、実際に売っているものです。なので、漫画を読んでいてこれいいなと思ったものはアマゾンや実店舗に探しにいけるのです。気になったものはチェックしてみましょう。

他にも焚き火の付け方やクッカーの選び方など、初心者が悩むトピックはあらかた厳さんが指導してくれるのでまさに漫画で学ぶキャンプの教科書と言っていいと断言できます。

雫の作るキャンプ料理がめっちゃうまそうで飯テロ

ヒロイン雫の作るキャンプ料理もこの漫画の魅力の一つです。キャンプ道具で作る雫の料理はどれも美味しそう。

最初にでてきたビア缶チキンは思わず真似しました。どれも真似できそうだし、作り方も解説してくれるので、真似したい料理はすぐに真似できるのが素晴らしいところ。キャンプのモチベーションにもなります。

キャンプじゃなくてもお家でレシピを再現して練習なんてことも良さそうです。

まとめ

キャンプをやってみたいと思った方が最初に読むべき本だと思います。ストーリーも面白いからスラスラ読めるしキャンプのイメージがだいぶつくのではないでしょうか。もちろん玄人のキャンパーにもオススメの漫画です。電子書籍でキンドルに入れてキャンプ時に持ち込むのもいいかもしれません。

関連記事

コメント

コメントする

目次